東阪合同会開催のお知らせ

様々な業界のコンピュータ運用にかかわる方々の相互交流を通じコンピュータ運用の在り方を自由にディスカッション出来る会員制の場を提供します。


2018年度第1回「コンピュータ運用を考える会」30周年記念東阪合同会開催のお知らせ

下記の通り定例会を開催いたしますのでご案内申し上げます。今回は東阪合同の会でございます。ご多忙中誠に恐縮ですが、スケジュールをご調整のうえ是非ご参加くださいますようお願い致します。

日 時

 2018年6月15日(金)14時 ~ 6月16日(土)13時 1泊2日

場 所

 〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 Spa Resort Hotel Hawaiians

参加費


 お一人様 ¥15,000.- 当日現金で徴収いたします。
  ※参加費には、宿泊費、食事代(2 食分)が含まれます。
  ※運用会で領収書をご用意致します。
  ※参加費は宿泊される方に限ります。なお、宿泊されない方に入場料は含まれておりません。

内 容


【スケジュール】

 

6 月16 日(金)
 13:30 会場受付
 14:00 記念講演Ⅰ「世界で加速するデジタル化の実際
           ~企業はこの時代環境にどう適応すべきか?~」
          IT Leaders 編集主幹 田口 潤様
    ≪概要≫
    今後10 年の変化は過去10 年よりも遥かに大きいーークラウドやビッグデータ、
    IoT(InternetofThings)、AI(人工知能)などを原動力にして今、ビジネスのデ
    ジタル化が加速していています。AGFAM と呼ばれる米国の大手IT 企業、革新
    的な事業モデルを有するスタートアップ企業群がその原動力です。
    それは我々がが認知しにくく、気づいた時には取り返しのつかない”エクスポー
    ネンシャル”な動きであるとも言われます。かつてないこの変化の時代の中で、
    企業はどう自らを変革し、適応すべきでしょうか?皆さんと一緒に考えたいと思います。

 15:30 記念講演Ⅱ「 The dital is dead? 既存ビジネスは破壊されたのか」
          IT 産業ジャーナリスト 田中 克己様
    ≪概要≫
    デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せている。既存ビジネス
    を守りつつ、デジタル化に取り組む中で、「The digital is dead(デジタルは死んだ)」
    という声が聞こえ始めている。どこに問題があるのか探る。

 17:00 懇親会(和宴会)
 20:00 解散 (自由時間)

6 月16 日(土)
 08:00 朝食
 09:00 記念講演Ⅲ「東京30 年の歩み」
     30 周年記念実行委員長 八若 光良様

 10:00 記念講演Ⅳ「ディスカッション」
     ※最新の運用をテーマに運用会会員各社にてディスカッション
 13:00 解散(現地) ※解散後は自由行動となります。




  • お問い合わせ

    株式会社ブロード コンピュータ運用を考える会事務局
    TEL:03-6205-7463 FAX:03-6205-7465
    E-mail inf@broad-corp.co.jp

ページTOPへ