Retina Network Security Scanner

(RNSS)

脆弱性管理ツール


Retina Network Security Scannerトライアル




Retina Network Security Scanner概念図




》Retina Network Security Scannerが実現します!

  • 脆弱性診断コンサルタントも使用するツールで、日々新たに認識される脅威を継続的に診断
  • 柔軟なスケーラビリティにより、脆弱性診断を少数からでも手軽に取組み可能
  • IT資産の稼働に影響しない脆弱性診断を短時間で実行
  • 世界トップレベルのBeyondTrust社の脆弱性エキスパート部門が提供する最新情報の活用


概要


1998年の発売以来10,000件以上の実績をもつRetina Network Security Scanner (RNSS)は、この分野で最も洗練された脆弱性検査ツールです。

米国防総省が高く評価し10年に渡り契約を続けるBeyondTrust社のITシステムの脆弱性分野の100名規模のエキスパートで構成された専門部隊が、ITシステムの脆弱性に関する最新情報の収集と、システムに悪影響を与えない検出方法の策定を行います。このため多くの場合、セキュリティパッチの提供開始前に新たな脆弱性の検出をより早く実現できます。

RNSS単体での使用は勿論、BeyondInsight(Retina CS)との組み合わせによりIT資産の脆弱性管理の効率化や、是正の優先順位付けをエンタープライズ規模で支援するスケーラビリティを持ちます。

世界標準とも言える英語版に加え、GUIやレポートまで日本語対応された日本語版の両方をお選びいただけます。



特長


  • 診断対象と提供情報の広範囲さ
  • Windows、Unix/Linux OSは勿論、ネットワーク機器、プリンターやコピー機、仮想アプリケーションやデータベースを含む広範囲なIT資産を診断
  • セキュリティ管理と関連が深い資産情報を取得*1
  • エクスプロイトの存在やCVSSスコア、その他の要素による対応の優先順位決めを支援
  • クレデンシャルスキャン・オプションでアカウント乗っ取り等の手口を想定してのリスク検出
  • 修正方法を含む情報をレポート

  • 豊富な実績に裏付けられた高度な技術
  • 米軍5つの軍種全てで採用される業界トップと名高いBeyondTrust社脆弱性専門チームが新たな脆弱性が認識されて通常4日以内にシグネチャを提供
  • 診断対象に影響を与えない診断
  • 独自の多重処理で高速処理を実現(256IPの場合、平均15分以内に完了)
  • 脆弱性を誤検知率1%以下の高精度

        *1 Windowsの場合、ハードウェア、ポート、ソフトウェア、サービス、プロセス、
          ユーザ、グループ、共有フォルダ


動作環境


項目 内容
OS Windows Vista SP2 or later (32-bit / 64-bit)
Windows 7 SP1 or later (32-bit / 64-bit)
Windows 8 (32-bit / 64-bit)
Windows 8.1 (32-bit / 64-bit)
Windows Server 2003 (32-bit / 64-bit)
Windows Server 2008 SP2 (32-bit / 64-bit)
Windows Server 2008 R2 SP1 (64-bit)
Windows Server 2012 (64-bit)
Windows Server 2012 R2 (64-bit)
CPU Intel Pentium IV 1.4Ghz または互換, Intel Dual Coreを推奨
メモリ 4GB
HDD 4 GB 以上、250GBを推奨
App MSXML 6.0 SP1
Microsoft .Net Framework 2.0 (インストラーに含まれる)
Microsoft .Net Framework 4.0 または以降のバージョン


最新の正規(日英)版のトライアル使用お申込み


  • 下記の事項をご記入の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

    記入事項

    • 会社名

    • ご氏名

    • 連絡先

    • 電話番号


    E-Mail: broad@broad-corp.co.jp


    電話 03-6205-7463

    ページTOPへ