JCLPLUS

JCL管理


jclplus総合図

JCLPLUSの利点


JCLPLUSは、JCLの高度な論理的な文法チェックを行いJCLエラーによるJOBのリランなどの無駄な作業時間を大幅に削減します。 また、JCLの標準化を行いJCL作成の品質を大幅に高めることができます。


JCLPLUSの特徴


  • 操作性
  • ・オンラインとバッチ両方で利用可能でしかも簡単にJCLの高速チェックが可能
    ・ISPF編集画面からその場で操作可能

  • 優れたJCLのチェック機能
  • ・文法チェック以外も論理的なチェックも実施可能
    ・即答性に優れ論理的矛盾も同時チェック

  • JCLの標準化機能
  • ・JCLルールを設定しJCLの標準化を実施することも可能
    ・開発・本番・システム毎に別ルール適用

  • 広い適用範囲
  • ・開発からの本番移行の変換機能も充実
    ・システム変更、統合にも活用可能

  • 充実した拡張機能
  • ・100個のJCLデータセットなら一括変換
    ・シミュレーション機能で事前確認可能
    ・IDCAMS等のSYSIN文法チェック
    ・JCL比較ユーティリティにより二つのJCLの相違を論理的にチェック
      (MSワードの比較チェック・イメージ)

  • 他製品との連携
  • ・A-AUTOの連携により本番確定後のJCLのチェックが可能
    ・LIBRARIAN/PANVALETにも適用
    ・OPCなどの自動化製品やテープ管理 製品とのインターフェース
    ・豊富な連携機能
       ‐OPC、Control-M、CA7、ZEKE、Tivoli/Maestro
       ‐RMM、Tape2000
       ‐LIBRARIAN/PANVALET
    ・DB2などのカスタマイズにも対応可能

  • 自由度の高いルール作成
  • ・簡単なルール定義(IF-THEN-ELSE)
    ・REXXもサポート
    ・IDCAMS/DB2などのSYSINもチェック(一部)
    ・パラメータの順番も自動的に修正(標準化)
    ・ステートメント全体、ステップ全体を対象
    ・どのパラメータでも検査、変更、追加、削除可能
    ・連結についての追加削除
    ・アドオンが必要な要件はアセンブラー等の各種EXITが用意されています。

  • JCLPLUS Remote (オプション)
  • ・Remote機能を使う事により開発環境のJCLを本番環境でチェック可能
    ・本番環境にLOG ONする必要はありません


JCLPLUS動作環境


   IBM z/OS 1.4以上(OS/390は別途ご相談ください)
   システム変更なしでIPL不要
   APF権限も不要(RACF利用を除く)

ページTOPへ