INFOPAKシリーズ

データ圧縮ツール


INFOPAKシリーズはINFOTEL社の長年のデータベース・コンサルテーションの経験からデータベース・パフォーマンス改善を目的とした支援ツールのひとつです。 INFOTEL社は米国・欧州IBMのビジネス・パートナとしての信頼に応えたプロダクト・ラ インを開発してきました。 その中で、IBMが新プロセッサと共にINFOPAKを販売し、また光ディスク・システム(R/DARS)にINFOPAKを採用しています。

INFOPAK/DB2


   DB2の標準データ圧縮インタフェース。
   アンロード/ロード(データ入替え)なしで圧縮データへの切替えをサポート 圧縮された
   テーブルへのカラムの追加をサポート

INFOPAK/IMS


   IMS/DBの標準データ圧縮インタフェース。
   ダイナミックに圧縮方法を選択し、セグメント単位にオプティマイズ圧縮

INFOPAK/MVS


   JCLやアプリケーションを一切変更しないSAMデータ圧縮インタフェース。
   圧縮管理パネルから圧縮対象のファイル名・グループ名のエントリ機能

INFOPAK/VSAM


   JCLやアプリケーションを一切変更しないVSAMデータ圧縮インタフェース。
   圧縮管理パネルから圧縮対象のファイル名・グループ名のエントリ機能

ページTOPへ